バスで充電!

昨年末ごろから都営バスの1台だけだそうですが、USB充電ポートが設置されているものが走っているそうです。とうとうバスでもスマホが充電できるようになってきたんですね~。

実は昨年の10月半ばごろからこのバスは実証実験中とのこと。渋谷系統だそうですよ。もちろん「都営バスでUSB電源ポートを利用した乗客には好評のようだ。」とのこと。西東京バスでも2年ほど前から同じようなバスがすでに走っているそうで、「そんなバス、とっくに走ってるよ!」と思っている人も多いのかな^^

都営バスの場合ですが、降車ボタンの電源を使い、全部で5ヵ所、電源が設置されているそうです。なんだ1ヵ所だけでは無いんですね~。そっか、バスには降車ボタンという電気が必要なボタンが何十ヵ所にもありますものね。それを有効利用することで、新設しなくて済むんだ!

都営バスでは無料Wi-Fiもすでに設置されているとのことで、電車よりバスを利用してくださ~い!っていう宣伝にも十分なり得そうですね^^

スマホの機能も歩きスマホをしてしまう原因に

スマホ日頃持ち歩いていると、歩きスマホをした経験はありませんか?
きっとスマホを使用している方は1度は知らない間に歩きスマホをしているかもしれません。
なんと調査では、歩きスマホをした事があるという方が6割もいるそうですよ。
歩きスマホをしながら、何をしているのかを見てみました。
一番歩きスマホでやっている事で多いがメールだそうです。
今ではラインで連絡を取り合う方が多くなっている中歩きながらラインやメールをしている方が多いんですね。
最近話題になったのがポケモンGOですよね。
歩きながらポケモンGOをした事で事故が多発しました。
また、ひどい人では運転しながらポケモンGOをした方もいましたよね。
歩きスマホなども本当にどんな事故が起こるか分からないものです。
自分や相手に何か事故を起こしてしまう可能性だってあるので、歩きスマホを止めるように心がけていかなくてはいけませんね。
最近では、歩きスマホを止めようなんて運動も見られるようになってきました。
歩きスマホを1人でも多くの人が止めるだけで、事故を防ぐことができますからみんなが気持ちを切り変えていかなくてはいけません。
スマホも使用方法は気をつけてかなくてはいけません。最近注目されているウェアラブルの端末は何?

メモリ6GBのハイエンドスマホ「OnePlus 3」のスペック強化版が入荷

Snapdragon 821や6GBメモリを搭載しながら、店頭価格が税込64,800円と安価な海外向けスマートフォン「OnePlus 3T(A3010)」が発売されました。メーカーは中国のOnePlusで、販売ショップはイオシス アキバ中央通店となります。OnePlus 3Tは、8月に販売されたSIMロックフリースマートフォン「One Plus 3」のスペック強化モデルで、従来モデルからCPUやインカメラ、内蔵バッテリーの容量などが強化されています。主な仕様はディスプレイサイズが5.5インチ(解像度1,920×1,080ドット)、搭載CPUがSnapdragon 821、メモリがLPDDR4 6GB、ストレージが64GBなど。OSはAndroid 6.0をベースにしたOxygen OS 3.5.3です。搭載機能はIEEE 802.11ac無線LANやBluetooth 4.2、NFC、1,600万画素リアカメラ/インカメラ、指紋センサーなどで、バッテリー容量は3,400mAhとなっています。このほか、急速充電機能「Dash Charge」を備えていて、同社は「1日に使用するバッテリー容量を30分間で充電できる」とアピールしています。端末は「中国向けモデル」(同店)で、デュアルSIM仕様です。対応ネットワークはFDD-LTEがバンド1/3/5/7/8、TDD-LTEがバンド38/39/40/41、W-CDMAがバンド1/2/5/8などで国内での利用の可否は不明です。本体サイズは152.7×74.7×7.35mm、重量は158g。

スマホゲームの「戦乱アルカディア」

スマホのゲームにはアクションRPGというジャンルがあります。
そのアクションRPGのゲームの中でも人気を博しているのが「戦乱アルカディア」というスマホゲームです。
このスマホゲームは三国志で語り継がれている武将になって戦う3DアクションRPGで、歴代の武将を仲間として4人まで選ぶことができ、その4人と一緒に戦うことができます。
この「戦乱アルカディア」の1番の魅力は三国志のような雰囲気が出ているところと言えますね。
特に魅力的なキャラの「関羽」や「董卓」、最強武将の「呂布」が上質な3Dで登場するのは迫力満点で興奮してしまいます。
また、戦闘の時は手動でもできますが、フルオートで放置しておいても戦うことができます。
移動するときは画面左下にある仮想パッドでできるから楽ですね。
それと、装備やアイテムはクエストやガチャなどで手に入れられますし、報酬や有料ガチャなどでも手に入れることができます。
有料ガチャは一定時間だけ無料で利用できることがありますので取り逃さないようにすると良いです。
最初のキャラは関羽、趙雲、孫向香、郭嘉の中から選ぶことができます。
このようなスマホゲームは無料でダウンロードして遊ぶことができますので、最強の武将を目指すために利用してみてはいかがでしょうか。

スマホと連携のスーツケース?

何なんでしょうね?スマホとスーツケースを連携させ、どのようなことができるのでしょうか?

これはスーツケースやバッグで有名なエースとソフトバンク、そしてnendoが共同開発したスーツケースとのこと。異業種の会社同志が共同でモノを開発したんですね。

もともとスーツケースを作っているエースですが、この会社のPROTECA MAXPASS H2をベースに「スマートフォンと連携し、スーツケースとスマートフォンを相互に追跡するトラッキング機能を持たせる。」というもの。

実際にどのようなできるのかと言うと、まず盗難防止、そしてスマホの紛失や忘れ物。そして大容量バッテリーが装備されているので、スマホの充電も可能とのこと。なるほど、これはスマホとの連携をたくさんしていますね^^

モノのインターネット、IoTが進む日本で、このような分野が違う会社同士が共同開発していくことが、今後も多くなっていくのでしょうか。消費者としては面白く、興味深いことです^^

おすすめのauスマホ、あなたに合うのは? | Galaxy

最新スマートフォン「isai Beat LGV34」とは?

最新スマートフォンの「isai Beat LGV34」は、DACを4基搭載しています。
DACとはD/Aコンバーターのことを言い、デジタル音源をアナログに変換してノイズを低減し、クリアな音質を実現させてくれるものです。
さらに幅広いハイレゾ音源に対応していますし、様々な高音質のDSD再生にも対応していますので、ハイレベルの音質で音楽を楽しむことができるでしょう。
ディスプレイには5.2インチWQHD液晶を搭載していますので大画面で快適に楽しむことができますね。
ボディサイズは縦約149ミリ、幅約72ミリ、厚さ約8ミリ、重さが約146gと軽量でコンパクトサイズになっています。
バッテリー容量は待ち受け時間が約410時間になる3000mAhになっていますので、普通の外出で電池切れになる心配はないでしょう。
ボディカラーはチタンとゴールドの2色が用意されています。
カメラは視野角が135度の広角レンズを採用していますので大人数での撮影も可能になりますし、メインカメラには約1600万画素のCMOSセンサーが採用されていますので誰でも綺麗な写真を撮ることが可能です。
さらにレーザーオートフォーカス機能を搭載していますので薄暗い室内でも被写体をしっかり狙って撮影することができます。
また、防水機能や防塵機能も搭載していますので安心して使用できますね。

“法人向けの高性能Windowsスマホ、Acer「Jade Primo」 “

日本エイサーの、Windows 10 Mobile搭載のスマートフォン「Liquid Jade Primo」。製品に同梱するドックにはHDMI端子が用意されていて、有線でのContinuum機能に対応します。主なスペックは、ディスプレーにフルHD解像度(1080×1920ドット)の5.5型、ヘキサコアのSnapdragon 808、3GBメモリー、32GBストレージ、2100万画素カメラ(イン800万画素)、2870mAhバッテリーなどです。CPUは現状の最速クラスではないのですが、もともと動作がスムーズなWindows 10 Mobileに加えて、画面解像度もフルHDということもあって、非常にスマート。ウェブブラウザーのEdgeもPC向けサイトを表示させても、引っ掛かりなど、感じることはありません。また、ディスプレーは有機ELで、非常に鮮やかで印象的です。デザイン的には、厚みは8.4mmと超薄型とはいえませんが、背面の左右が丸みを帯びていることもあって、数値よりに薄く感じます。また、最近のAcer端末ではおなじみの背面のヘアライン塗装も高級感があります。気になるのは対応バンドで、グローバルモデルをほぼそのままに国内に導入したのか、LTEがバンド1/3/7/20、3G(W-CDMA)がバンド1/2/5/8と、ドコモ網で利用する場合に800MHz帯に接続できないのは残念なところです。

健康管理で車両事故を防止-SOMPOリスケア、法人向けサービス

SOMPOリスケアマネジメントは健康状態に起因する自動車事故を防止するための法人向けサービスを11月に始めます。eラーニングによる教育用動画の配信や、居眠り運転などにつながりやすい睡眠時無呼吸症候群(SAS)の簡易検査、研修を一体で提供し、健康が原因で自動車事故を起こす事例が増え、物流業界を中心にドライバーの健康管理に取り組む企業の需要を開拓します。年間50社の契約を見込んでいるということです。eラーニングは生活習慣病や居眠り運転、突然死の3コンテンツを配信し、1回当たりの受講時間は10―15分となっています。今後、状況に合わせて動画数を増やしていく考えです。SASの簡易検査はスマートフォンから専用アプリケーションをダウンロードし、就寝後3時間の呼吸音をアプリで録音し、翌朝にはSASの兆候があるか結果を3段階で評価する仕組みです。1カ月分のデータを収集し、分析後は企業管理者にリポートも作成します。価格はeラーニングが50人までの利用で計4万5000円、SASの簡易検査は4万円。講師派遣は1回に付き15万円程度です。SOMPOリスケアマネジメントはグループの損保ジャパン日本興亜と連携し、まずは法人契約を結ぶ企業に提案し、新規顧客の開拓にも活用するとのことです。損害保険業界では健康状態に起因する自動車事故が相次ぐことから、健康管理に向けたコンサルティングに力を入れる動きが相次いでいます。業界大手では三井住友海上火災保険もスマホを活用し、SASの兆候を検査できるサービスを法人向けに無料で提供しているのです。

ゴース祭り?^^

先月26日から始まったポケモンGOの初めてのイベント、ハロウィンイベント。ちょっと下火になりつつあったポケモンGOが、息を吹き返した印象ですよね^^

上野の不忍池なんて、ミニリュウの宝庫みたいになっていて、もはやレアポケモンではなくなってしまったとか。。

そして全国的にはゴースですよね^^もう、いっつもポッポかコラッタしか居ない場所に、出るわ出るわゴース、ゴースト、ゲンガー!

26日にはすごい感動したんですよ^^見たことの無いポケモン、4匹くらいですかね、ゲットできたんで。だけどその後はゴースたちばっかりなんで、たま~に出てきたコラッタが懐かしいこと^^

また、アメの数も相当奮発していて、相棒ポケモンにすることで進化もしやすいしやすい。こんな楽しいイベント。クリスマス、お正月とこれからもやって欲しいものです。

ゴースのほかにもカラカラとかニャースとか私にとってはレアに近いポケモンも出現率が高くなっています。ということは、別のイベントではまた別にポケモンの出現率が高くなることでしょう。楽しみですね~♪

auの新機種で、動画や音楽ダウンロードも快適。

スマホ初期化やバックアップが大事です

iPhone7を購入する時も準備が必要になると思います。
やっぱり、新しいスマホにする時は、データに気をつけなくてはいけません。
まずは、バックアップですね。
バックアップは、やっぱり一番大事な所かもしれませんね。
iPhoneだったら、iCloudで自動にバックアップをしているかもしれません。
でも、もしかしたらできていない場合もあるので注意をするようにしてくださいね。
そして、手動で1度バックアップしておけばかなり安心できると思います。
そして、バックアップも大事なのですが、下取りに出す方はデータ消去が大事になってきます。
データを消去していると思っても、もしかしたらデータを復元できるかもしれません。
下取りされたスマホが誰の手に渡るのかも分からないものですから、データは守るようにしなくてはいけません。
そのためも、復元できないデータの消去をしなくてはいけません。
完全にデータを消去することもできるので、きちんとできるようにしてくださいね。
もしも、分からない場合は買い取りしてもらえる会社に聞いてみるといいかもしれませんよ。
相談にものってくれるかもしれません!
データだけはやっぱり守ってあげなくてはいけませんね。