Archive for the ‘未分類’

OPPO A5 2020とは?

2019年11月1日にUQモバイルから発売されたOPPOの新しいスマートフォン「OPPO A5 2020」は、5000mAhという超大容量バッテリーを搭載しています。更に四つのレンズを搭載したクアッドカメラや、ウルトラナイトモード搭載、6.5インチの大画面ながら価格はなんと2万6,800円と信じられない低価格で発売されています。これだけのスペックを備えながら本体価格2万円台で購入できれば十分ですね。また画面には、目の負担を和らげてくれる機能「ブルーライトカット」も搭載しているので安心して使うことができます。これだけ安いと性能が気になるところですが、低価格でも高品質のスマホを実現したOPPOのA5 2020は、電源ボタンの耐久テストとして20,000回のテストにクリアしています。安いからといって、決して性能を妥協しないOPPOならではの新モデルと言えますね。またデザインもオシャレで機能的、見て・触れて・触ってみたら分かる使いやすさを実感してみてください。

arrows RXは使いやすい!

arrows RXは、買い物も駅の改札口でもキャッシュレスが使えるおさいふケータイに対応しています。電車に乗ったり、交通機関を利用することが多い方には、こういったおさいふケータイは非常におすすめです。毎回、小銭を出し入れする手間が省けるので快適に改札口を通ることができます。今は、キャッシュレス社会と呼ばれるほどカードやスマホで決算できる便利な時代になりました。電車に乗ることが多い方はこの機会におさいふケータイを利用してみてはいかがでしょうか?そして、指紋認証もとっても簡単です。背面センサーに指紋認証を搭載しているので、スマホを自然に握る感覚で指をあてるだけで簡単に早くロックを解除することができます。また、webサイトで買い物をする時に必要なパスワードやIDなども簡単に指紋認証で呼び出すことが出来ます。難しい設定もないので、是非この機会に試してみてください。スマホが初めてという方はもちろん、普段から使い慣れている方も是非検討してみてくださいね。

Zenfone6のメリットとは?

Zenfone6のディスプレイは、ノッチやレンズもなく「全面ディスプレイ」仕様になっているなので見た目がとてもスッキリしています。画面の占有率が今まで100%というスマホはありませんでしたが、Zenfone6のようにカメラがフリップ式になり、画面上に設計されないデザインになったことで見た目がすっきり、ノッチの違和感もなくゲームや動画の視聴がより快適に楽しめるようになっています。やっぱり毎日使うものだからこそ、画面の見やすさは重視して選びたい!という方におすすめです。ただし、Zenfone6の画面は有機ELディスプレイではなく、液晶ディスプレイになっています。今まで有機ELディスプレイのスマホを使っていた方が、液晶ディスプレイを使うと若干物足りなさを感じるかもしれません。そこまで大きな変わりはありませんが、やっぱり色合いなど細かな点で気になる方もいるかもしれません。もし、不安な方は液晶ディスプレイを家電量販店などで一度どんなものか見ておきましょう。

Xperia5のカメラはトリプルカメラ!

今回新しくXperiaシリーズとしてリリース予定の「Xperia5」は、前モデルXperia1の小型版という位置づけで発表されるようです。実際にディスプレイや画面解像度なども細かく見ていくと、スペックが若干落ちていることが分かります。そのため、価格もXperia1の15~20%ほど安くなっています。それでも、Xperia1で搭載されている画素数やF値、センサーサイズについてはすべて同じものとなっています。今回発売されるXperia5で違うのは、メインセンサーのDRAM搭載の有無ということになります。Xperia5のメインカメラには、このDRAMが非搭載です。そのため、Xperia1と比較すると960fpsのスーパースローモーションに非対応となるので、これがXperia1との最大の違いと言えます。ただし、最新モデルということでスペックは、Xperia5の方が上だといえるのでカメラの性能を重視するのか、本体スペック全体を重視して選ぶのかよく検討してみてくださいね。

Galaxy Foldの価格とは?

折り畳み式の最新スマホ「galaxyFold」の本体価格がいくらなのか、気になる方も多いでしょう。画面を開けばiPadminiのような役割を果たすスマホということで、やっぱり値段は決して安くありません。Auの公式オンラインショップでは、本体価格24万円となっています。Android9を搭載したハイスペックスマホという点や、畳んだままでも使える点に関しては素晴らしいですが、防水機能には対応していないため濡れた手で触ったり、スマホ本体を濡らしてしまうと壊れやすいです。こうした点を踏まえて、24万円という価格が適切かどうか判断してみてください。また実際に購入するにあたって、一括で支払えればいいのですが分割支払いを希望される方も多いと思います。分割支払いの場合は、審査に通らないと難しいので購入したいと思っても審査落ちして購入できないということがあります。今まで審査に落ちたことのない方でもこういったケースがあるので注意しましょう。

Xperia8はカメラが綺麗!

今年の秋に発売されるXperia8は、画質が非常に綺麗です。カメラの画質は、1200万画素と800万画素のデュアルカメラを搭載しています。被写体以外の背景をぼかすポートレート機能も搭載、光学2倍ズームとなっているので細かな設定をしなくても、明るく綺麗な写真が簡単に撮れます。また撮りたい被写体やシーンに合わせて料理や、人物、背景、逆光など13種類のシーンを4つのコンディションで自動で判断してくれます。最も適切な色合いで撮影してくれるので、難しい設定は必要なく誰でも簡単におしゃれな写真を撮ることが出来ます。カメラにまかせて写真を撮るだけで、SNS映えする写真を撮ることができます。新しいスマホを購入するなら、カメラの質を重視して選びたい方、SNSをよく利用される方におすすめです。もし、どんな機能なのか気になる方は発売されてから一度、店舗で試してみるといいですね。画質も綺麗で見やすいXperia8はおすすめです。

おてがるスマホ01なら撮影も楽しい!

スマホを使うのが初心者という方でも、「おてがるスマホ01」には便利な機能がたくさんついているので、一度やり方を覚えてしまえばとても快適に使うことができます。例えば、カメラについてみてみると、動き回る子供やペットの撮影はどうしてもブレてしまったり、綺麗に撮れないといった問題があると思います。そんな時に、おてがるスマホ01なら、ピント合わせの速い「像面位相差オートフォーカス」を採用しているので、動き回る被写体でも素早くとらえて、シャッターチャンスを逃さずに綺麗に撮影してくれます。笑った写真が撮りたい!ここがシャッターチャンス!と思った瞬間を逃さずに撮ってくれるので、カメラで撮影するのが楽しくなるはずです。また明暗差が激しい場所では、HDR撮影に自動で切り替わるようになっているので、白くなったり黒くなったりするのを防いでくれます。カメラで撮影するのが日常になるように、使いやすさにもこだわって設計されています。

pixel3にあってpixel3aにない機能!

ハイエンドモデルpixel3に搭載されていましたが、今回pixel3aで廃止された機能は「防水・防塵加工」です。ただし、防滴加工は施されているのでスマホを使っていて、雨水がかかってしまった、少量の水が飛び散ってしまったという程度であれば問題ありません。ちなみにpixel3に搭載されている防水機能とは、水深1.5メートルまでであれば正常に機能するといったレベルになります。普通に生活していれば、そんな深さでスマホを操作することは、殆どの方がないと思います。日常で使う程度であれば、防滴機能で十分です。あとは、おさいふケータイ機能、Googleアシスタント機能、自動調整バッテリーも同様に搭載されています。ちなみに自動調整バッテリーとは、カメラの明るさを調整してくれるAI機能の一つでAIが、あまり使わないアプリのバッテリー消費を抑えてくれる機能です。こうした機能は引き続き搭載されているので、安心して使うことができます。

OPPO Reno 10X Zoomの付属品とは?

これからOPPO RENOの購入を検討されている方、付属品はどんなものがつくのか気になる方も多いでしょう。購入してから、足りないものがあった、ということのないように今回、本体以外にどんな付属品がついているのかご紹介したいと思います。まずは、高速充電に対応したアダプター、そしてUSBケーブル、こちらはタイプCになっています。そして同じタイプCのコネクタのイヤフォン、そして本体背面をカバーしてくれるケース、それから取扱説明書とカードスロットを開くためのピンが同封されていました。こちらは、届いてからすぐにそのまま使えるので、他に何か買い足さないといけないということはなさそうです。カバーは、高級なものではなく傷をつけないためにつける程度ですので、普段使いされる方はもう少し丈夫なものを購入した方が良いかもしれません。充電器はとても優秀なので文句なしですね。是非、購入前に付属品を確認しておくことで足りないものがあったり、タブってしまった時にも無駄にならないので確認してみてください。

LG‐style2がおすすめなのはこんな人!

これから新しいスマホに変えたいなと思っている方、格安で良いスマホがないかなとお探しの方に、LG‐style2をおすすめします。お手頃価格のスマホを探している方、バッテリー持ちが良いスマホをお探しの方、音質にこだわりがある方、写真や動画を大画面で思い切り楽しく見たい方におすすめです。やっぱり新しいスマホを買うならまめに充電しなくても大丈夫なスマホが良いという方は多いと思います。LG‐style2なら3900mAhあるので、一日中使っていても電池切れの心配がありません。ちなみに前モデルのLG‐styleのバッテリーは、2890mAhでしたのでかなり性能も上がっているのが分かります。LG‐styleを使っていた方は、今回の新モデルを使ったみたら驚くこと間違いなしです。そして気になる価格も38,880円で購入できます。これだけのバッテリーを備えてこの価格は破格と言えますね。6.0インチと大画面で見やすいのも特徴です。