Archive for 12月, 2017

「Blaed S」のスペック

タッチパネルとスクリーンを一体化させたインセル型タッチパネルを採用し、側面から背面にかけてのラウンドシェイプで握りやすさと優しい触感を実現させているスマホが「Blaed S」です。
このスマホのスペックは本体サイズは幅約70ミリ、高さ約144ミリ、厚さ約7.7ミリ、重さ約132gという軽量コンパクトサイズになっています。
CPUはクアルコムの高性能CPUスナップドラゴン615オタクコアを搭載していますので、ハイパフォーマンスと低消費電力を実現させています。
カメラは約1,300万画素のアウトカメラと約500万画素のインカメラが搭載されており、広角28ミリとF2.0の明るいレンズを採用していますので様々なシーンで活躍します。
また、インカメラは80度のワイドビュー撮影ができますのでグループショットの自撮りも楽しむことができます。
バッテリーは2,400mAhという安心の大容量バッテリーを搭載していますし、ディスプレイは約5インチIPSインセルディスプレイが搭載されています。

「HUAWEI Mate 9」のスペック

高性能CPUと大容量バッテリーを搭載しているスマホの一つに「HUAWEI Mate 9」があります。
高速充電に対応している4,000mAhという大容量バッテリーを搭載しており、高性能CPUとの相乗効果によって長時間使用を可能にしています。
CPUはオタクコアのKirin 960と4GBのメインメモリになっていますので処理が遅くなるアプリでもサクサクこなします。
このスマホのスペックは本体サイズは幅約79ミリ、高さ約156ミリ、厚さ約7.9ミリ、重さ約190gになっています。
カラーバリエーションはムーンライトシルバー、シャンパンゴールド、ブラックの3色が用意されています。
アウトカメラは約1,200万画素カラーセンサーと約2,000万画素モノクロセンサーというダブルレンズを搭載しており、更に4種類のフォーカスによって様々なシーンに合わせた撮影が可能です。
セキュリティ面では背面に高性能指紋認証センサーが付いていますので安全です。
ディスプレイは約5.9インチIPS液晶という高画質な大型ディスプレイを搭載しています。

「Xiaomi Mi6」のスペック

超がつくほどハイスペックで独自のOSを搭載しているスマホが「Xiaomi Mi6」です。
デザイン的特徴は防滴加工が施された流線型デザインとエッジ部分に3Dガラスを採用して高級感溢れるデザインになっていることです。
このスマホのスペックは本体サイズは幅約70ミリ、高さ約145ミリ、厚さ約7.5ミリ、重さ約168gというコンパクトサイズになっています。
カラーバリエーションはブライトブルー、ブライトホワイト、ブライトブラック、セラミックブラックの4色が用意されています。
ディスプレイはブルーライトを軽減できる約5.15インチIPS FHD液晶ディスプレイを搭載していて、バッテリーは3,350mAh大容量バッテリーを搭載しています。
CPUはクアルコムの高性能CPU MSM8998スナップドラゴン835オタクコア2.45GHzを搭載していて、RAMが6GBもありますので複数アプリの起動や重たい動画なども快適に楽しむことができます。
カメラは背面に1,200万画素と1,200万画素のデュアルカメラで前面には約800万画素が搭載されています。

「OUKITEL K10000 MAX」のスペック

超大容量バッテリーを搭載していて、自分だけが安心して使用するだけでなく、他のスマホにも給電できる便利なスマホが「OUKITEL K10000 MAX」です。
旅行でも安心なリチウムポリマー大容量バッテリー10,000mAhを搭載していますので連続8日間の使用が可能です。
また、他のスマホに給電できるリバースチャージ機能が付いていますし急速充電にも対応しています。
このスマホのスペックは本体サイズは幅約85ミリ、高さ約175ミリ、厚さ約12ミリ、重さ約230gになっています。
ディスプレイは約5.5インチのフルHD液晶ディスプレイを搭載してり、頑丈なゴリラガラスを採用しています。
カメラは約1,600万画素のメインカメラと約800万画素のフロントカメラを搭載していて、手ぶれ補正機能やHDRデュアルカメラ、水中撮影機能などが付いています。
CPUはMediaTek MTK6753オタクコア1.5GHzが搭載されており、RAMが3GBもありますのでストレスなく楽しむことができます。
ボディにはアウトドアでも役立つライトや電子式カイロが付いています。