ゲームを楽しむならXperia5!

普段からスマホでゲームをよくされる方に嬉しいスマホをご紹介します。それは、「Xperia5」です。Xperiaシリーズは、1や8など注目されている機種がいくつかありますが中でも5は、ゲームプレイ中もより快適に楽しめるように更に進化しています。例えば、ゲームをしている最中に電話がかかってきたりするとどうしても集中できません。そんな時も5なら、プレイ中は電話やメールの着信通知を非表示にすることができるので、ストレスなくゲームを楽しむことができます。集中してプレイしたい時におすすめの機能です。また本体側面についている電源ボタンを押せば、カメラ機能をオフにすることもできます。間違ってカメラを起動させてしまう、なんてこともなくなりますね。今までの機能とはまた更に進化したXperia5、是非実際に手に取って操作してみてはいかがでしょうか。今回新しく、スマホの買い替えを検討されている方にもおすすめです。

AQUOS sense3は防水防塵加工もしっかり!

AQUOSsense3が人気の理由として、本体価格が3万円台という手頃な価格でありながら、防水防塵加工がしっかり施されている点も挙げられます。万が一お風呂で使っていた時に、湯舟に落としてしまってもすぐに壊れることはありません。また台所や洗面所といった水回りで使う機会が多い方にとっても安心して使うことができるので、普段の生活の中でより安心して使えるスマホをお探しの方におすすめです。ディスプレイも5.5インチと、大きすぎず小さすぎない画面も使いやすく多くの方に指示されている理由の一つと言えるでしょう。動画をみたりゲームをすることが多い方にとっては、画面は大きい方が見やすくて使いやすいかもしれませんが、それほどのスペックを求めていないという方にとっては十分な大きさと言えます。もし、迷っている方は一度店頭で手にとって操作してみるといいですね。毎日使うものだからこそ、こだわって選んでみてはいかがでしょうか。

GalaxyS10の東京オリンピックモデルとは?

GalaxyS10の東京オリンピック限定モデルが登場、オリンピックの世界観をスマホで表現したプレミアムデザインとなっています。これから新しいスマホに買い替えを予定している方は、オリンピックを応援したい方、オリンピックに向けて何か準備したいなと考えている皆さん、この機会にGalaxyから登場した1万台限定モデル「東京2020オリンピック限定モデル」はいかがでしょうか。東京オリンピックをイメージしたプリズムホワイトの本体にロゴがかかれたシンプルで洗練されたデザインとなっています。特別感のあるプレミアムパッケージは、今回のオリンピックならではのデザインとなっています。またオシャレなだけじゃない、安心のセキュリティ面や使いやすさにこだわって作られた目に優しい画面など、使う人の身になって作られたGalaxyS10は、細部にまでこだわりがあります。是非、新しいスマホの一つとして検討してみてはいかがですか。

galaxy S11はカメラが5つ?

SamsungのgalaxyS11は、カメラレンズが五つ搭載されている可能性もあると言われています。望遠レンズと、超広角レンズ、広角レンズに加えて3Dtofセンサーとあと一つが何かまだ明らかになっていません。ただし、カメラのレンズの右下にあるのはカメラではなくレーザー・オートフォーカスモジュールといって、カメラのピントを合わせる方式の一つではないかと言われています。いずれにしても、今回海外で注目を集めているS11はかなりハイスペックなスマホになることは間違いないです。まだ海外でも未発売ということで、正式な情報は発表されていませんが日本でも近々発売されるとすれば、期待したいですね。特に最近では、若い世代だけでなくカメラを使って撮影を楽しむ方も増えています。毎日の生活の中でスマホのカメラは良い性能のものを使いたいという方は、年配の方も同じです。気になる方は今後の正式発表を楽しみにしていてくださいね。

arrows Jでキャッシュレス生活をはじめよう!

2019年10月から増税が始まり、現金で支払うよりもクレジットカードや電子マネーで支払うことでよりお得な生活ができるようになりました。「キャッシュレス化」なんて言葉もよく聞くようになりましたね。そこでarrowsJでは、キャッシュレス生活をこれから始めたいと思っている皆さんに嬉しい電子マネーやクーポンを気軽に利用できる「おサイフケータイ」に対応しています。電車通勤をされている方や、バスをよく利用される方はスマホのおサイフケータイにお金をチャージしておくだけで、簡単に支払いをすることができます。小銭を出すのが面倒な方は、スマホをかざすだけで支払いが完了するのでとても簡単で便利です。もしこの機会にスマホデビューをしてお得なキャッシュレス生活を始めたい方も是非、検討してみてください。難しい操作もなく、画面も分かりやすいので初めてのスマホデビューに是非、arrowsJを候補に入れてみてはいかがでしょうか。

OPPO RENOAなら逆光にも強い!

スマホのカメラで撮影したら、せっかくの絶景も逆光になってしまい綺麗に撮れなかった、なんて経験はありませんか。OPPOのRENOAならそういった場合にもAIが自動で判断し、ベストなシーンを撮影してくれますし、明るさも調整してくれるので安心です。逆光でも白くならず綺麗に撮れるのは嬉しいですね。せっかくの思い出写真を撮ろうと思ったら、逆光になってしまい綺麗に映らなかったなんてことがないように、是非カメラ性能にも注目して選んで頂きたいです。また「夜」という夜景モードも楽しめますし、エキスパートではシャッタースピードを変えられるので、夜に道路を走る車にカメラをあてて撮影すると、面白いことにヘッドライトが流れる様子を綺麗に撮ることもできます。夜の美しい景色だからこそ撮れる格別なシーンもお手の物です。スマホのカメラを使って様々なシーンを撮影したい方におすすめです。また美肌加工にしてくれる機能もあるので、自然に美しい写真が撮れる点も魅力ですね。参照先URL

OPPO A5 2020とは?

2019年11月1日にUQモバイルから発売されたOPPOの新しいスマートフォン「OPPO A5 2020」は、5000mAhという超大容量バッテリーを搭載しています。更に四つのレンズを搭載したクアッドカメラや、ウルトラナイトモード搭載、6.5インチの大画面ながら価格はなんと2万6,800円と信じられない低価格で発売されています。これだけのスペックを備えながら本体価格2万円台で購入できれば十分ですね。また画面には、目の負担を和らげてくれる機能「ブルーライトカット」も搭載しているので安心して使うことができます。これだけ安いと性能が気になるところですが、低価格でも高品質のスマホを実現したOPPOのA5 2020は、電源ボタンの耐久テストとして20,000回のテストにクリアしています。安いからといって、決して性能を妥協しないOPPOならではの新モデルと言えますね。またデザインもオシャレで機能的、見て・触れて・触ってみたら分かる使いやすさを実感してみてください。

arrows RXは使いやすい!

arrows RXは、買い物も駅の改札口でもキャッシュレスが使えるおさいふケータイに対応しています。電車に乗ったり、交通機関を利用することが多い方には、こういったおさいふケータイは非常におすすめです。毎回、小銭を出し入れする手間が省けるので快適に改札口を通ることができます。今は、キャッシュレス社会と呼ばれるほどカードやスマホで決算できる便利な時代になりました。電車に乗ることが多い方はこの機会におさいふケータイを利用してみてはいかがでしょうか?そして、指紋認証もとっても簡単です。背面センサーに指紋認証を搭載しているので、スマホを自然に握る感覚で指をあてるだけで簡単に早くロックを解除することができます。また、webサイトで買い物をする時に必要なパスワードやIDなども簡単に指紋認証で呼び出すことが出来ます。難しい設定もないので、是非この機会に試してみてください。スマホが初めてという方はもちろん、普段から使い慣れている方も是非検討してみてくださいね。

Zenfone6のメリットとは?

Zenfone6のディスプレイは、ノッチやレンズもなく「全面ディスプレイ」仕様になっているなので見た目がとてもスッキリしています。画面の占有率が今まで100%というスマホはありませんでしたが、Zenfone6のようにカメラがフリップ式になり、画面上に設計されないデザインになったことで見た目がすっきり、ノッチの違和感もなくゲームや動画の視聴がより快適に楽しめるようになっています。やっぱり毎日使うものだからこそ、画面の見やすさは重視して選びたい!という方におすすめです。ただし、Zenfone6の画面は有機ELディスプレイではなく、液晶ディスプレイになっています。今まで有機ELディスプレイのスマホを使っていた方が、液晶ディスプレイを使うと若干物足りなさを感じるかもしれません。そこまで大きな変わりはありませんが、やっぱり色合いなど細かな点で気になる方もいるかもしれません。もし、不安な方は液晶ディスプレイを家電量販店などで一度どんなものか見ておきましょう。

Xperia5のカメラはトリプルカメラ!

今回新しくXperiaシリーズとしてリリース予定の「Xperia5」は、前モデルXperia1の小型版という位置づけで発表されるようです。実際にディスプレイや画面解像度なども細かく見ていくと、スペックが若干落ちていることが分かります。そのため、価格もXperia1の15~20%ほど安くなっています。それでも、Xperia1で搭載されている画素数やF値、センサーサイズについてはすべて同じものとなっています。今回発売されるXperia5で違うのは、メインセンサーのDRAM搭載の有無ということになります。Xperia5のメインカメラには、このDRAMが非搭載です。そのため、Xperia1と比較すると960fpsのスーパースローモーションに非対応となるので、これがXperia1との最大の違いと言えます。ただし、最新モデルということでスペックは、Xperia5の方が上だといえるのでカメラの性能を重視するのか、本体スペック全体を重視して選ぶのかよく検討してみてくださいね。