LG‐style2がおすすめなのはこんな人!

これから新しいスマホに変えたいなと思っている方、格安で良いスマホがないかなとお探しの方に、LG‐style2をおすすめします。お手頃価格のスマホを探している方、バッテリー持ちが良いスマホをお探しの方、音質にこだわりがある方、写真や動画を大画面で思い切り楽しく見たい方におすすめです。やっぱり新しいスマホを買うならまめに充電しなくても大丈夫なスマホが良いという方は多いと思います。LG‐style2なら3900mAhあるので、一日中使っていても電池切れの心配がありません。ちなみに前モデルのLG‐styleのバッテリーは、2890mAhでしたのでかなり性能も上がっているのが分かります。LG‐styleを使っていた方は、今回の新モデルを使ったみたら驚くこと間違いなしです。そして気になる価格も38,880円で購入できます。これだけのバッテリーを備えてこの価格は破格と言えますね。6.0インチと大画面で見やすいのも特徴です。

arrows Be3はゆびスラが変化!

arrows Be3の特徴として、背面のセンサーに指を一本触れるだけで文字や写真のサイズを簡単に変えることができます。ニュースアプリなどをよく見る方は、細かい文字が読みにくくて困ったという経験がある方も多いでしょう。そんな時にArrows Be3なら、最大1.5倍にまで拡大することができるのでとても見やすいです。文字を大きく拡大し過ぎた場合でもセンサーに触れながら上下に動かすだけで拡大・縮小が可能です。画面を見ながら背面センサーを指でなぞり、縦横になぞっても簡単にスクロールすることができます。画面に直接指を触れたくない方、指紋をつけたくない方にもこの背面センサーはおすすめです。今までありそうでなかった背面センサー機能搭載、一本の指で簡単に操作できる点が魅力だと言えますね。スマホでよく調べものをする方、ネットで検索して記事を読む機会が多い方にもおすすめです。気になる方は是非、店頭で試してみてはいかがでしょうか?

AQUOS R3のAIライブシャッターがすごい!

AQUOS R3には、AIライブシャッターという機能が備わっています。これは、前モデルR2から継承している機能で、動画を撮影している間にベストなシーンをAIが自動的に判断して撮影してくれるという機能です。動画を撮っているだけで、自動的に静止画も撮影してくれるAIライブシャッターは、ベストショットを判断して撮ってくれるので、ここで写真を撮りたい!と思った時に、動画をやめる必要がありません。動画さえ撮影しておけば、元の動画はもちろん、サジェエスト動画、ベストショットの静止画も同時に保存されるというわけです。とりあえず、動画で撮っておけば自動で静止画も撮れるので迷った時は動画を撮影していれば問題ないですね。またおしゃれな写真が撮りたいという時には、背景をぼかすことができるポートレート機能も可能なので、写真を撮る時間が更に楽しくなります。明るさがR2よりもより明るくなったことで、暗い場所でも手ブレすることなく高品質な写真を簡単に撮ることができます。

「HUAWEI P30 lite Premium」はPROと何が違う?

“HUAWEI(ファーウェイ)製のスマートフォンには、「PROと明記されているもの」が含まれています。
ですが、PRO以外のスマートフォンも存在し、「HUAWEI P30 lite Premium」は、HUAWEI製のスマートフォンの中でも一際人気の高いスマートフォンとして、世界中で売れている最新機種として人気です。PROとの違いですが、HUAWEI P30 lite Premiumは、「liteシリーズ」として用いるスマートフォンとなっています。
つまりHUAWEI P30 lite Premiumは、「ミドルクラスのスマートフォン」として開発されているため、PROと比べて安い価格帯で販売されています。ミドルクラスなのでスペックが低いと思われることもありますが、HUAWEI P30 lite Premiumは、ミドルクラスなのに「トリプルカメラ搭載、ROMが128GB、SIMフリーモデルもある」最新機種です。”

無難なSIMフリースマホ「ASUS ZenFone 3」

“ライトユーザーに人気のスマートフォンというと、人気ランキングではASUS ZenFone 3が上位入りしています。
1~3位以内につけていることが多く、ASUS ZenFone 3には、以下のような特徴があるため人気となっています。まずASUS ZenFone 3は、約22000円で購入できるという大きな魅力があるので、無難なSIMフリースマホを探している場合は、ASUS ZenFone 3を購入すると良いでしょう。
その他の特徴では、ASUS ZenFone 3は2016年秋モデルとして古いのですが、利用者が多いため必要な情報を集めやすいという利点があります。その中には、ASUS ZenFone 3はバッテリー容量が少ないというものもあり、CPUについても最新のものではありません。
ですが、インターネットの閲覧、メールなどでメッセージのやり取りをする際は、ASUS ZenFone 3でも十二分な動きを得られます。”

“Pixel 3aとPixel 3の違いは? カメラ機能はほぼ同じ、でも低価格になったワケ “

Googleは5月8日、Androidスマートフォン「Pixel」シリーズ新製品の「Google Pixel 3a」と「Google Pixel 3a XL」を発表しました。スペックを比べてまず目につくのはプロセッサの違い。Pixel 3シリーズに載っているQualcomm Snapdragon 845は、ハイエンドスマートフォンに多く搭載されているオクタコア(2.8GHz×4、1.8GHz×4)のSoCで、高いパフォーマンスに加えAI処理性能、省電力性能に優れています。一方、Pixel 3ではQualcomm Snapdragon 670を採用。こちらはミドルハイクラスのスマホ向けSoCで、こちらもコア数はオクタ(2.0GHz×2、1.7GHz×6)ですが、動作周波数が低くなっています。しかし、Pixel 3aはWebサイトの閲覧やアプリの使用ではまったくストレスを感じず、実使用で影響が出る場面はそう多くないと思われます。負荷の高いゲームで遊ぶときには注意したほうがいいかもしれません。

“Googleは5月8日、「Pixel」シリーズ新製品の「Google Pixel 3a」と「Google Pixel 3a XL」を発表 “

Pixel 3では128GBモデルが購入できますが、Pixel 3aでは64GBモデルのみラインナップしています。Pixel 3シリーズも3aシリーズも外部ストレージを持たないため、音楽や動画をスマートフォンに保存する人はPixel 3の128GBを選ぶか、容量に気をつけて使っていくのがよさそうです。背面カメラは両シリーズではほぼ同じながら、Pixel 3aでは、周囲の光をチェックし最適な撮影設定にするスペクトルセンサー+フリッカーセンサー(背面カメラとLEDフラッシュの間にある)が省かれました。前面カメラはPixel 3で搭載していたデュアルカメラのうち広角が省かれ、Pixel 3aではシングルカメラになりました。この広角カメラがなくなった関係で、Pixel 3の前面カメラで使用できたグループ自撮りモードが、Pixel 3aでは使えません。日本でも発売が決まっており、「Pixel 3a」は48,600円(税込)、「Pixel 3a XL」は60,000円(税込)となっている。https://www.galaxymobile.jp/explore/hint/smartphone-battery/

1日半は余裕で持つ?AQUOS sense2!

バッテリーの充電時間が気になる方も多いのですが、2018年12月に発売されたAQUOSsense2は、ゲームや写真撮影、SNS閲覧など一日3時間継続して使っても一日半は余裕で持ちます。普段から旅行に行ったり、外出先でスマホを使う機会が多い方でもこれだけ充電が持つAQUOSsense2は、非常におすすめです。また静止した時の映像で、省電力効果が高くなるIGZO液晶の特徴もあります。またダウンロードした電子書籍を読み続けた際のバッテリーの減り具合は、30分で2~3%、一時間読み続けたとしてもわずか5%ほどなので非常に長持ちします。電車の待ち時間や通勤時間、暇な時に長時間使ってもほとんど減りません。スマホには様々な機能、特徴がありますがバッテリーの持ちを重視して選びたい方には満足のスマホと言えるでしょう。秘訣はバッテリーの劣化を防ぐインテリジェントチャージにあります。充電中の発熱を抑えることで劣化を防いでくれる優れた機能を持っています。

“物理キーボード搭載の廉価モデル「BlackBerry KEY2 LE」、19日発売 “

TCLコミュニケーションの正規代理店を務めるFOXは、BlackBerryブランドのAndroidスマートフォン「BlackBerry KEY2 LE」を19日に発売します。価格は5万5370円(税別)で、12日から予約を受け付けるということです。「BlackBerry KEY2 LE」は、「BlackBerry KEY2」の廉価モデルにあたる端末で、フレームにはポリカーボネート素材を用いています。BlackBerryシリーズの特徴であるQWERTYキーボードを装備し、スペースキーには指紋センサーを搭載している。なお、KEY2で搭載されていたキーボードのタッチセンサーは搭載されていません。ディスプレイは4.5インチで、解像度は1620×1080ピクセル。チップセットはクアルコムのSnapdragon 636。4GBのRAM、64GBのストレージを搭載しています。最大256GBまでのmicroSDXCカードをサポートする。リアカメラは約1300万画素と約500万画素のデュアルカメラでフロントカメラは約800万画素です。

ハイエンドモデルの中でも価格が安定している「AQUOS zero」

“AQUOS zeroは、販売しているキャリアがソフトバンクとなります。
ソフトバンクというと、高いハイエンドモデルのスマートフォンを販売しているキャリア、ショップのイメージが強いため、ハイエンドモデルを購入する際、価格を見て敬遠される人もいます。ですが、ソフトバンクのAQUOS zeroは、実質負担額が約49000円となっているため、安心して購入できるハイエンドモデルなのです。
こちらは「半額サポート適用時」の価格設定となっているので、こちらにも注意してAQUOS zeroを購入すると良いでしょう。
そもそもAQUOS zeroは、「SHARPのフラッグシップモデル」のため、ハイエンドモデルの中でも高くなることが懸念されていました。ですが今では、AQUOS zero以外のハイエンドモデルの価格も上昇しているため、特別AQUOS zeroのみ高いわけではありません。
そのため、AQUOS zeroに乗り換えを検討している人が多いのです。”